トップ>不動産基礎知識:買うときに知っておきたいこと

不動産基礎知識:買うときに知っておきたいこと

安心して不動産の取引をするために、知っておきたいポイントはたくさんあります。
ここでは、住まい探しを始めてから、購入物件の売買契約を結び、実際に入居するまでや入居後のトラブルに至るまでの重要なポイントを網羅しています。
自分がどの段階にいるか、どんな点に不安があるかによって、該当する項目をじっくり読んで、満足度の高い住まい選びを実現させましょう。

※新築分譲物件を購入する場合は、「6-2不動産会社に仲介を依頼する」から「仲介手数料について」までについては、基本的にはかかわりがありません。
※土地を購入する場合は、「5-6」及び「10-2」「10-3」については、かかわりがありません。

中古住宅を購入してリフォーム

中古住宅を購入する場合、快適に暮らせるようにリフォームをした上で、入居するケースが増えています。
リフォーム済みの中古住宅を購入する方法もありますが、ここでは、中古住宅を購入して、自分でリフォームする方法について説明していきます。

不動産の基礎知識は、住宅等の売買を円滑に進めるための一般的な参考情報であり、断定的な判断材料等を提供するものではありません。
したがって、実際の取引は、物件の個別性や相手方の意向等を踏まえて慎重に進めていただくとともに、法務・税務等に関しては、必要に応じて専門家へご確認ください。

ページトップ