トップ住環境を調べる防災関連情報ハザードマップ

住環境を調べる

防災関連情報:ハザードマップ

ハザードマップとは?
ハザードマップとは各種自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図上に示したものです。

洪水ハザードマップでは河川周辺の水害に注意
河川周辺は他の地域よりも水害が発生しやすいので、各市区町村が市街地内にある河川周辺地の被害想定を行っています。河川に近い場所、河川から遠くても周囲より低い土地では、水害を受ける可能性がありますので、自分が住みたい地域の危険性を知るために、洪水ハザードマップを見ておくとよいでしょう。ただし、治水工事などの水害対策は年々進んでおり、地域によっては水害の危険性が低くなることもあります。
海辺近くに住んでいる場合は高潮、津波などのハザードマップをチェック
洪水だけでなく、高潮、津波などについてのハザードマップを作成している市区町村一覧も見ることができます。高潮、津波は海辺で地震その他の災害に伴って起きるものですから、海辺の近くでは、高潮、津波などについてのチェックが必要ということになります。
傾斜地やガケ周辺では土砂崩れ、火山周辺では火山災害ハザードマップをチェック
傾斜地やガケ周辺では土砂災害、火山周辺では火山災害ハザードマップを確認しておくとよいでしょう。火山の危険度について知るとともに、活動状況に関するニュースなどにも注意を払っておく必要があるでしょう。
ハザードマップでは避難所などの情報も併せて確認を
ハザードマップには、災害に関する自治体からの警告や注意などの情報発信の方法、避難場所や災害に備えて用意すべきものなどの情報も掲載されています。近くの避難所がどこか、警告が発せられたときにはどのように対処すればよいかなど、危険を回避する方法についても確認をしておきましょう。
国土交通省 ハザードマップポータルサイト

「国土交通省 ハザードマップポータルサイト」では、2つの方法でハザードマップを確認することができます。
まず「わがまちハザードマップ」で、各自治体のハザードマップが検索できます。洪水のほか内水、高潮、津波、土砂災害、火山のハザードマップが見られます。
さらに「重ねるハザードマップ」で、全国どこでも1つの地図上に様々な防災情報を重ねて見ることができます。大雨が降ったときに、浸水のおそれがある場所、土砂災害の危険がある場所、通行止めになるおそれのある道路などの情報を、地図上に重ね合わせるといった活用方法で、避難に役立てることができます。

データを見るハザードマップポータルサイト

ページトップ