文字サイズ

トップ > 活用事例 > ⑧除却で広がる選択肢

5.除却に関するサービス

除却で広がる選択肢

 利活用の方法を十分検討した上で、さらに必要な場合は除却という選択肢も考えられます。長年放置したままの空き家は、近隣に悪影響を与えてしまうおそれがあり、住宅自体の資産価値も損ねてしまいます。除却では、土地を所有したまま賃貸収益を得る方法や、更地にして売却する方法のほか、自治体等に寄付する方法などもあります。

 更地にして賃貸収益を得る方法では、比較的初期投資が少ないコインパーキングやトランクルームの設置などが一般的ですが、周辺のニーズを考えて賃貸住宅や福祉施設を新築するケースもあります(図表8)。賃貸では市場性の検討が不可欠となりますが、自治体等の助成金を活用できる場合もあり、税務や資金計画を含めて所有者の立場に即した提案ができる事業者を選ぶことが重要となります。

図表8 空き家における除却前後の活用例の違い

ページトップに戻る