文字サイズ

トップ > 活用事例 > ⑥不動産業者が買い取るケースも

4.利活用に関するサービス

不動産業者が買い取るケースも

 空き家の売却に関しては、建物をリフォームした上で売却する方法や、建物を現状のまま「古家付き」として土地扱いで売却する方法、土地を所有したまま建物のみ売却する方法もありますが、不動産事業者に買い取ってもらう買取再販という方法もあります(図表6)。

図表6 空き家の「利活用」に関する事例 (買い取り再販による売却)

 これは、事業者が空き家を買い取った後リフォーム等を行い、再度顧客に販売するものです。リフォーム工事は内装や水周りが中心ですが、一部では建物を検査し大規模な修繕を行った上で販売するケースもみられます。ただ、新築より販売価格を低く設定するため、空き家の買取価格は安くなる傾向にあります。違反建築や瑕疵が明確でない場合や相続人が分散している場合などは、買い取りの対象とならないこともあります。

ページトップに戻る