文字サイズ

トップ > 空き家の現状と課題 > ⑥空き家を利活用・処分できない理由は様々

2.空き家に関する課題

空き家を利活用・処分できない理由は様々

 このように様々な問題がありますが、空き家を利活用・処分できない理由としては、親族間の共有になっていて合意形成ができないことや、所有者が認知症で意思能力がない、売却や賃貸化するだけの市場性がない、修繕コストをかけたくないなどの点が挙げられます(図表6)。また、仏壇・家財の存在や物置としての利用、他人に貸し出すことへの抵抗感、建物を除却すると固定資産税が上がるといった点も利活用・処分しない理由として挙げられます。さらに、何となく面倒、手が回らない、特にデメリットを感じていないことも積極的に対応しない原因となっているようです。

図表6 空き家を利用・活用できない・しない理由

ページトップに戻る