文字サイズ

トップ > コラム > 活発化する空き家対策事業

コラム Column


活発化する空き家対策事業 株式会社 Geo Laboratory 代表取締役 上村要司

(2019.1.9)

 平成27年5月に空家等対策の推進に関する特別措置法が全面施行されて以来、国や自治体が推進する空き家対策事業が着実に広がっています。民間事業者やNPO等との連携も進んでおり、実効性ある空き家対策の構築に向けたモデル事業も活発化してきました。

空き家対策の担い手強化・連携モデル事業

 このサイトでも紹介しているように、国土交通省では平成30年度に全国各地の空き家対策を加速するためのモデル事業を展開しています。この補助事業では、空き家に関する様々な相談に対応できる人材の育成や専門家等と連携した相談体制の構築のほか、地方公共団体と専門家等が連携して共通課題の解決を行う取組みを支援し、その成果の全国展開を目指しています。

 人材育成と相談体制の構築では、ワンストップで対応できる人材育成や専門家との連携体制を整備するとともに、モデル的な取組みへの支援では発生の抑制から除却、利活用まで様々な事例の共有を目指しています。この事業では自治体や公益法人、NPO、民間企業など58団体が採択され、相談体制が整備されていないスタートアップ支援には25団体、既存の取組みを強化するステップアップ支援に11団体、モデル的な取組み支援に22団体が対象となっています。

■平成30年度空き家対策の担い手強化・連携モデル事業 出所:国土交通省・ホームページ

空き家の発生抑制から利活用・売却まで

 東京郊外の大規模な戸建住宅地を対象にしたチームまちづくりの例(下図)では、高齢化が進んでいる昭和40年代後半の開発団地で、自治会がNPO等と連携して空き家の発生抑制に自ら取組む方法を検討しています。空き家の利活用は5つのステージに分けて、空き家予備住戸の登録から、空き家の見守り、管理、利活用、売却サポートまでの事業の担い手や組織等を検討し、持続可能なモデルを提案することになっています。

■戸建住宅地「空き家の発生抑制×利活用」マネジメントモデル事業 出所:一般社団法人チームまちづくり・ホームページ

 富山県高岡市の空き家活用推進協議会では、登記簿や現地調査により空き家等の詳細情報や居住更新の実態を把握し、モデル敷地を設定して専門家を中心に敷地整序の手法や整序後の敷地での暮らし方を提案しています。また、山形県のつるおかランド・バンクでは、狭隘道路等に面した空き家・空き地の面整備を検討し、権利関係者等と調整した上で民間事業者による整備を進めるほか、千葉県船橋市のNPO法人では市内の空き家の利用可能性調査を行い、その一部を民間図書館化する計画も検討されています。

多世代交流型住宅ストック活用推進事業

 上記のほか、国土交通省では平成30年度で空き家の防止や利活用を通じて、既存住宅等の多世代にわたる持続的な利用を促す補助事業を展開しています。これは、住替えや移住、二地域居住などを促し地域活性化を図るため、様々な事業者と連携しながらワンストップで住宅相談を受け付ける活動を行う民間事業者等に対して、国が一部費用を補助するものです。

 例えば、既存住宅・空家プロデュース協会が大阪市内の戸建住宅や長屋を対象とした事業では、区と連携し不動産事業者やコンサルタント等の専門家を交え、地域でのセミナーや相談会、まちあるき、修復物件の見学会などを行う多彩な相談体制を構築しています。この業務では維持管理や補修・リフォーム、権利関係や紛争、売買、資金確保など空き家に関するすべての相談に対応し、利活用に向けたノウハウの蓄積を進めています。

■多世代交流型住宅ストック活用推進事業の例
<修繕や改築した長屋でのカフェ形式の相談会の様子/平成30年業務の実績> 出所:既存住宅・空家プロデュース協会・ホームページ

 また、NPO法人おかやまUFEでは、住まいの確保に悩みを抱える高齢者や障害者などに対し、宅建協会や社会福祉協議会、病院、銀行、弁護士、行政等の専門家が地域包括支援センター等と連携し、空き家の利活用と住まいの確保にワンストップで対応しています。福岡県福津市の津屋崎空き家活用応援団では、空き家の古民家をDIY可能物件として借主を募集し、改修費の一部を不動産業者が借主に提供(DIY費用を貸主である不動産業者と借主の双方が負担)するサブリースモデルを試行しています。

■店舗兼住宅の古民家の例(津屋崎のまちなみに合わせた外観) 出所:津屋崎空き家活用応援団・ホームページ

 このように、全国各地で空き家の発生抑制から利活用・売却に至るまで様々な事業が広がりつつあります。現状では相談体制の構築が中心となっていますが、実際に空き家の解消を通じて地域のまちづくりに貢献する例も出ており、国の補助事業を契機に空き家解消に向けた実効性ある活動が根付くことが期待されます。

ページトップに戻る