トップ>業界団体を調べる

業界団体を調べる

業界団体とは、事業者または事業者団体によって設立された非営利団体で、不動産流通業界では4つの団体が設立されています。大多数の宅地建物取引業者がいずれかの団体に加入し、各団体は、加入業者の育成や指導、消費者からの相談、不動産流通市場の発展を目的とした政策提言などの様々な公益事業を展開しています。
不動産ジャパンは、4団体の加入業者が取り扱う豊富な物件情報を集約した不動産総合サイトです。

公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会

団体概要

(公社)全国宅地建物取引業協会連合会(以下「全宅連」)は、昭和42年、各都道府県に設立されている47の宅地建物取引業協会(以下「宅建協会」)の全国組織として設立され、平成24年4月に公益社団法人に移行しました。各宅建協会に所属する会員業者は97,556社(平成27年4月1日現在)と、国内最大規模の業界団体です。
国民生活にとって最も重要な宅地・建物の供給や流通などを業務とする宅地建物取引業者は、公共性、社会性を要請されるものであることから、全宅連は、消費者保護を目的に、不動産に関する調査研究・情報提供事業、普及啓発事業、人材育成事業等を中心とした公益事業を行っています。

一般社団法人 不動産流通経営協会

  • 理事長 田中 俊和
  • 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-25-2虎ノ門ESビル5階
  • 会員数281社(平成28年2月22日現在)
  • 公式HP:http://www.frk.or.jp/
協会概要

(一社)不動産流通経営協会(以下「FRK」)は、不動産流通を担う大手・中堅の住宅・不動産会社を会員とする法人です。FRKは不動産流通業を通じて国民の住生活の向上を図るために様々な公益事業を推進しています。
また、消費者に多数の不動産情報を正確に提供するため、提携ポータルサイトを通じてFRKインターネット会員の物件情報を掲載しています。(「FRKインターネット会員」の情報は不動産ジャパンにも集約されています。)重要事項説明や契約書式等の統一化を推進することや、マンション管理情報の提供方策の検討等により消費者の保護と利便性の向上を図るとともに、会員業者の経営体質の強化、不動産流通市場の拡大を目指しています。
さらに、不動産取引の安全・円滑を期するため、会員業者の従業員の資質向上等を目的とした研修やセミナーを開催しています。

公益社団法人 全日本不動産協会

協会概要

(公社)全日本不動産協会は、昭和27年に宅地建物取引業法が公布されたのを機に、同年10月に設立された業界最古の歴史を誇る団体で、全国に47の都道府県本部を設置しています。
不動産業は産業の基盤であり、宅地や建物の供給及び流通が国民生活の根幹をなすとの認識のもと、消費者の安全と信頼を確保することはもとより、宅地や建物の有効利用を促進するなど、社会への貢献と業界の健全な発展に寄与するよう活動しています。

一般社団法人 全国住宅産業協会

協会概要

(一社)全国住宅産業協会は、平成25年4月、(一社)日本住宅建設産業協会と(一社)全国住宅建設産業協会連合会が新設合併して設立されました。
当協会は、中堅企業を中心に上場企業も含む全国団体で、会員は首都圏ならびに北海道から沖縄まで、各地域においてマンションおよび戸建住宅の供給や住宅をはじめとする不動産流通事業等を行っています。
これからも良質な住宅の供給と住環境の創造のため、それぞれの基盤をより発展させ、さらに社会に貢献できる協会として努力していきます。

ページトップ