トップ不動産基礎知識:既存住宅購入のポイント>1.既存(中古)住宅購入のメリットと注意点:1-3 既存(中古)住宅を取り巻く環境の変化

不動産基礎知識:既存住宅購入のポイント

1.既存(中古)住宅購入のメリットと注意点

1-3 既存(中古)住宅を取り巻く環境の変化

既存(中古)住宅の流通を活性化させることは、国の方針として明確に掲げられており、様々な政策が実施されています。


line
既存住宅売買かし保険

既存(中古)住宅を検査して適合したものを1年500万円、5年500万円または1,000万円まで瑕疵(建物の不具合等)を保証する制度です。建物検査によって情報を把握するとともに買い主へ開示し、売買前の必要な補修工事を行うことによって適合させることも可能となっており、既存(中古)住宅流通の円滑化とその品質向上を図るものです。

その他税制上の優遇制度

「既存住宅売買かし保険」や「耐震診断」へ適合することなどによって、築20年(マンションなどは築25年)を超過した既存(中古)住宅でも、住宅ローン控除などを利用することができます。詳細な適用条件や期限については国土交通省および国税庁の公式HPなどをご確認ください。

→ 「住まいの税金」を参照

建物評価の見直し

既存(中古)住宅は"衣食住"のひとつであるとともに、大切な資産として考える必要があります。
欧米においては相当古い住宅でも、その資産性は高く評価されて、何代にもわたり相続や売買によって受け継がれていきます。既存(中古)住宅の評価が単に上昇して値上がりする、または新築住宅に近づき割安感がなくなるということではなく、必要なメンテナンスと適切な維持管理がなされれば、“住宅”として永く市場に受け入れられるということです。
既存(中古)住宅を資産として安心して購入できることも、既存(中古)住宅の買いやすさにつながるものと思われます。

→ 「住まいの維持管理のポイント」を参照

ポイントの整理

既存(中古)住宅の購入には新築住宅にはないメリットが存在する
既存(中古)住宅を購入する場合、建物情報の把握とその活用などが必要となる
Ⅲ   既存(中古)住宅の購入を支援する様々な施策が実施されている

ページトップ