不動産トピックス

トップ > 不動産トピックス > 住宅所有・購入意向者が住宅性能で特に重視すること、「耐震性」が最多

住宅所有・購入意向者が住宅性能で特に重視すること、「耐震性」が最多

出典:パナソニック ホームズ(株) 「住まいに対する意向調査」

2023

5.2

パナソニック ホームズ(株)はこのたび、「住まいに対する意向調査」の結果を発表した。2023年3月20日に大都市圏に居住する20~69歳の既婚者1,246人を対象として実施した「住宅の意向についてのアンケート」および、2023年3月31日~4月1日に大都市圏に居住する15~49歳の独身者2,000人を対象として実施した「結婚と住まいの意向についてのアンケート」の結果をまとめたもの。
なお、本調査では、15~25歳をZ世代と定義している。

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、岐阜県、大阪府、兵庫県、和歌山県、滋賀県、京都府、奈良県

住宅所有・購入意向者の「住宅性能で特に重視すること」は、耐震性・断熱性・省エネ

「住宅の意向についてのアンケート」において、住宅を所有もしくは購入する意向のある855人に、住宅に対して特に重視することを複数回答で聞いたところ、「安全な住まい(耐震、耐火、セキュリティ等)」(64.1%)が最も多く、次いで「快適な住まい(冬暖かく夏涼しい、空気浄化等)」(62.1%)、「長く住める(資産価値が持続、劣化しづらい)」(54.4%)の順となった。最も重視すること(単一回答)も「安全な住まい(耐震、耐火、セキュリティ等)」(31.5%)が最も多く、「他を大きく引き離す結果」となった。

また、「住宅性能」のうち、特に重視することを複数回答で聞いたところ、「耐震性(地震に強い)」(67.0%)が最も多く、次いで「断熱性(外部の熱を遮断、内部の熱を守る)」(46.4%)、「省エネ(電気、ガスの消費を抑える)」(42.5%)の順となった。最も重視すること(単一回答)も「耐震性(地震に強い)」(46.3%)が最も多く、同社は「地震大国日本において地震に対する備えを最重要視していることがうかがえる」としている。

「住宅性能」のうち、あなたが特に重視することを教えてください(住宅を所有もしくは購入する意向のある855人・複数回答)

「住宅性能」のうち、あなたが特に重視することを教えてください(住宅を所有もしくは購入する意向のある855人・複数回答)

出典:パナソニック ホームズ(株) 「住まいに対する意向調査」

住宅の住み替え・購入を検討している246人に、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を採用したいと思うかを単一回答で聞いたところ、すでに採用している人を含めて、83.8%が関心を示している(「現在、自宅で採用している」4.9%、「採用を検討している」17.9%、「住宅を購入する際には、採用を検討したい」61.0%)ことが分かった。なお、全館空調システムを採用したいかを単一回答で聞いたところ、すでに採用している人を含めて、関心を示したのは80.1%(「現在、自宅で採用している」4.5%、「採用を検討している」19.1%、「住宅を購入する際には、採用を検討したい」56.5%)だった。

住宅購入時に優先すること、Z世代は他世代より「新築であること」の意向が高い

「結婚と住まいの意向についてのアンケート」において、住宅購入の潜在的・将来の顧客層と考えられる15~49歳の独身者に、結婚したらどこに住みたいかを単一回答で聞いたところ、各世代で「一戸建て(購入)」が最も多く、特にZ世代(15~25歳)では56.0%と、他世代(26~29歳41.5%、30代43.8%、40代42.3%)よりも高かった。

また、住宅を購入するとしたら何を優先するかを単一回答で聞いたところ、各世代で「立地が良い(駅近、生活に便利等)」が最も多かった。世代間で差が大きかったのは「新築であること」(Z世代24.2%、26~29歳20.5%、30代20.0%、40代13.3%)だった。

住宅を購入するとしたら、何を優先しますか(総数2,000人・単一回答)

住宅を購入するとしたら、何を優先しますか(総数2,000人・単一回答)

出典:パナソニック ホームズ(株) 「住まいに対する意向調査」

住宅を購入しようとして費用が足りなかったらどうするかを単一回答で聞いたところ、各世代で「購入はせず賃貸にする」が最も多かった。Z世代は、他世代と比べて「遠くにしても良い」「狭くしても良い」が多く、同社では、「住宅を購入するとしたら何を優先するか」の回答とあわせて見ると「特にZ世代で新築一戸建てに対する憧れがあるようだ」としている。

不動産トピックス一覧へ