トップ住まいのトラブル相談室住まい探し体験談>オプション契約をしすぎて、予算オーバーに

不動産取引の先輩に聞く「こうすればよかった」住まい探し体験談

住まい探し体験談一覧はこちら >>

買うときの体験談「オプション契約をしすぎて、予算オーバーに」

買うときの体験談「オプション契約をしすぎて、予算オーバーに」
あとから買えばいいものまで、オプションで付けすぎた

来春完成予定の新築マンションを購入しました。無事、本契約も済ませたのですが、ほっとする間もなく、やることがいっぱい。先日は、インテリア・オプションの契約会がありました。今、見積もりを眺めながら、お金の算段をしなくては、と頭を抱えています。

モデルルームでは、標準仕様とオプションのマークがそこかしこに貼られていて、こんなにオプションが多いんだな、とわかってはいたのですが、いざ、オプションの説明を受けると、部屋のインテリアや内装と合って見栄えがよくなるからと、いろいろと追加でオーダーしてしまい予算オーバーになってしまったのです。

あとから工事がしにくい床暖房やビルトイン食器洗浄乾燥機などは、はじめから追加するつもりでいたのですが、キッチンの食器棚やカウンター、玄関のタイルを大理石に、エアコン、ビルトイン浄水器などなど、その場で追加注文してしまいました。当日は、インテリアコーディネーターとの打ち合わせもありましたが、提案された家具やカーテンの値段が高く、さすがにこれは自分たちで手配することにしました。

今考えると、食器棚やエアコンは自分たちでゆっくり探してもよかったかな?と後悔しています。量販店に比べると値段も少し割高だった気がします。もうキャンセルはできないので仕方ありませんが、契約会の雰囲気に流されないよう、あらかじめ夫婦でじっくり話し合っておくべきだったと反省しています。

埼玉県・高木さん(仮名)会社員
家族構成/本人(43歳)・妻(40歳)、子ども(10歳、6歳)

こうすればよかった!あとから付けられるもの、自分で選ぶものを明確に

新築マンションの場合、完成・入居まで時間があると思っていても、デベロッパー(販売会社)から、ローン契約、設計変更、本契約、オプション説明、内覧会などの案内が次々ときて、その時、その時に判断しなければならないことが案外多いものです。なかでも購入体験者が悩むのは、オプション契約。最近では、標準仕様で取り入れられている設備も多くなりましたが、それでもワンランク上のものに変更するかどうか、ちょっとしたものでも一緒に工事をしてもらったほうがいいのではと考え、実際、契約会でついつい追加発注してしまう人も少なくありません。
オプション契約や仕様変更に関しては、あとになってキャンセルしようとしても、かかった費用、さらには原状回復費用などを請求されることもありますので、安易に考えずに十分検討して契約する必要があります。
必要以上にオプションを付けないためには、このケースの方のように、あとから設置するのが大変なものを優先するというのは、ひとつの考え方です。また、採用されている設備メーカーのショールームや家具・家電販売店などにも事前に足を運び、価格的に妥当なのか、類似商品で他に気に入るものがないかなど調べておくのもいいでしょう。

オプション契約では、こんなところもチェック!

  • 間取り変更、仕様変更には期限がある
    和室を洋室にする間取り変更や、内装材などの仕様変更ができるマンションも多くあります。ただし、工事進行に関わることなので、期限が決まっています。契約のタイミングが遅かったりすると期限まで時間がなく、あわててしまいがちですが、間取り変更は、その後の生活に最も関係することですから、納得できるまで担当者に話を聞いて、契約しましょう。また床、壁、天井材といった仕様変更も、比較的前段階での作業になります。有償の場合は、見積書を出してもらい、検討しましょう。
  • キッチンや浴室などのオプションは優先順位をつけて
    オプション契約で予算オーバーに陥りやすいのは、キッチンや浴室などの設備関係です。キッチンなら、ガスコンロをIHヒーターに、オーブンレンジ、食器洗浄乾燥機など、浴室なら、浴室乾燥機、24時間風呂、サウナ機能など、ある意味、選びがいのあるオプションが取り揃えられています。家族の生活に本当に必要な設備なのか、あとから設置はできないのかなど、優先順位をつけ、冷静に判断するようにしましょう。
  • シーズン家電や好みが分かれる家具は要注意
    オプション契約会で選びがちなのが、エアコン。取り付け工事も見栄え良くできるなどオプションのメリットを説明されますが、こうしたシーズン家電を選ぶ際に注意したいのは、あくまでも展示されている商品を購入するということ。毎年、新商品が発売されるものは、量販店で購入するというのも、賢い考え方です。入居まで時間がある場合は、型落ちということもありうるからです。同じように、オプションの作り付け家具などは、サイズや面材が揃っていて見栄えがいいものですが、他にお気に入りの家具があれば、自分でコーディネートしてもいいでしょう。新居での生活を思い描いての楽しみでもあるはずです。

こちらもチェック!

ページトップ