トップ住まいのトラブル相談室住まいの相談窓口>消費生活全般・法律に関する様々な相談・住宅に関する様々な相談

住まいの相談窓口

消費生活全般

全国の消費生活センター・国民生活センター

商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問合せについて、消費者からの相談に応じてくれるのが、全国各地にある消費生活センターや国民生活センターです。基本的には電話による相談となります。

住宅に関する主な相談内容
  • 高齢者を狙ったリフォーム詐欺など
  • 引っ越し業者とのトラブル
  • 購入時の手付金や賃貸の申込金、敷金の未返還問題
  • 欠陥住宅やシックハウス問題など
消費者ホットライン 188(局番なし/いやや)
相談エリア 全国。最寄りの消費生活相談窓口を案内します。直接、居住地の消費生活センターや国民生活センターに相談することもできます。
※ 受付時間は相談窓口ごとに異なります。

法律に関する様々な相談

法テラス(日本司法支援センター)

司法改革の一環として作られた組織で、法律の制度や手続き、関係機関の無料案内、一定の要件に該当する人への無料法律相談、さらに審査の上で必要に応じて、弁護士や司法書士費用等の立て替えと3段階で問題の解決に助力してもらえます。最寄りの法テラス(地方事務所)への電話あるいは窓口での相談を利用できます。
また、『相談窓口情報検索』では、トラブルに関するキーワード、地域、相談の方法を選択して、法テラス以外の公的な最寄りの相談窓口を検索することもできます。

住宅に関する主な相談内容
  • 賃貸借契約に関する貸主、借り主からの相談
  • 家賃滞納に関する貸主、借り主からの相談
  • 住宅建築時、購入時の欠陥住宅に関する相談
  • 土地購入時の登記や手付金などに関する相談
サポートダイヤル 0570-078374(IP電話からは03-6745-5600)
受付日時 平日 9時~21時 土曜日 9時~17時
相談エリア 全国。サポートダイヤルのほか、各都道府県に複数の相談窓口が設置されていますので、『お近くの法テラス』のコーナーから最寄りの窓口を検索、相談してみてください。
お近くの法テラス
相談方法
電話

サポートダイヤル、最寄りの窓口とも

来訪

最寄りの窓口

メール

WEBフォーム

日本司法書士会連合会

日本司法書士会連合会では、各都道府県司法書士会による司法書士総合相談センターを全国に設置しています。敷金問題や相続、不動産の売買や贈与(名義変更)、成年後見制度など幅広い分野の相談に応じています。場所、相談方法などは個別に異なるので、一覧表から都道府県を選択して、最寄りの総合相談センターを探してください。

住宅に関する主な相談内容

住宅に関連する相談としては敷金問題、相続、不動産の売買や贈与(名義変更)、登記、成年後見制度など

相談エリア 全国。一覧表から各都道府県の総合相談センターを検索できます。
相談方法
電話
面談

※個別の総合相談センターによって相談方法、相談時間などが異なりますので、事前に確認の上、ご相談ください。

住宅に関する様々な相談

公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター/住まいるダイヤル

公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターは「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づいて設置された 住宅相談の専門窓口です。欠陥住宅や業者とのトラブル、リフォームのアドバイスなど、幅広い分野の相談に電話で応じてくれます。
また、電話相談後、さらに詳細なアドバイスを希望する場合には、専門家(弁護士・建築士)による相談を受けることも可能です(住宅性能表示制度に基づく性能評価を受けた住宅の購入者などや、住宅リフォームの発注者または発注予定者は無料、それ以外は有料)。

主な相談内容
  • 物件や業者選びの注意点
  • 住宅の欠陥に関する相談
  • 業者とのトラブル相談
  • リフォームの見積金額の相談
電話相談窓口 0570-016-100(PHS・一部のIP電話からは03-3556-5147)
受付日時 平日10時~17時
相談エリア 電話相談は全国。
専門家相談は最寄りの弁護士会での専門家相談を案内するほか、センターでの対面相談も行っています。
相談方法
電話

※専門家相談は電話相談の後に面談により実施しています。

ページトップ