トップ住まいのトラブル相談室トラブル事例集>購入後の住まいのトラブル

トラブル事例集

買うときのトラブル

購入後の住まいのトラブル
中古住宅を買ったが、あると思っていたエアコンがなくなっていた。

中古一戸建てを買いましたが、引っ越してみるとあると思っていたエアコンが撤去されていました。返してもらうことはできませんか。

事前に「付帯設備及び物件状況確認書」の付帯設備表で確認しておきましょう。

売買契約に当たっては、「付帯設備及び物件状況確認書」(書面の名称は異なる場合があります)を作成して、エアコンなどの付帯設備の引き渡し条件を、事前に売り主と買い主の間で確認することが一般的です。付帯設備として確認された設備は、不動産とともに売買の対象になると考えられます。エアコンが、付帯設備表などで確認したものであれば、その後取り外されたときには、設備を付けてもらえるように請求できます。
ただし、何の取り決めもないと、こうした付帯設備の引き渡しをめぐるトラブルが発生することがありますので、売買契約の前に「付帯設備及び物件状況確認書」で確認することが大切です。

一覧へ戻る
上の階の部屋の子どもの足音が響いて気になる。

マンションに住んでいます。上の階の部屋の子どもがまだ小さく、夜遅くまで走り回っており、足音が気になります。

管理組合を通して注意してもらいましょう。

まずは管理組合を通して、全居住者向けに注意を呼びかけてもらいましょう。その場合は、管理組合の名前で、張り紙や文書などで騒音への注意を促してもらいます。また、管理組合や管理会社などに間に入ってもらって、住人同士で話し合いを行うことも考えられます。騒音を出している上の階の入居者にはまったく悪意がなく、下の階に迷惑をかけていることに気づいていないケースもありますので、話し合いで一定の解決策を見いだせる可能性もあります。
それでも改善しないときには、弁護士などの専門家に相談をして(各地の弁護士会などに設置されている紛争解決センターにあっせん・仲裁を依頼する方法もあります)、互いに円満に生活できる方法を探ることも検討してみましょう。
これから住宅を購入しようと思っている場合は、新築マンションなら遮音性能を十分に確認するのがいいでしょう。中古マンションなら、実際に上の階の部屋に住人がいる時間帯に現地に行って、音の聞こえ方などを確認してみましょう。

一覧へ戻る
中古マンションの天井から水漏れが。

中古マンションを購入して住んでいます。ある日、天井から水が漏れてきて、家電などの家財道具が駄目になってしまいました。

原因を明らかにして、しかるべき相手に補償してもらいます。

まずは水漏れの原因が何かを調査しましょう。
天井からの水漏れであれば、一つには、上の階からの漏水が考えられます。管理員に立ち会ってもらうなどして、上の階の住人に確認しましょう。上の階の漏水トラブルが水漏れの原因であれば、原則として上の階の住人に損傷してしまった家財道具の損害賠償を請求することになります。
一方、上階に漏水の原因がなかった場合には、給配水管が腐食・劣化して漏水した可能性が考えられます。その場合、上階の部屋の床下にある給配水管を調べる必要があります。管理組合と上階の住人に協力してもらい、専門家に調査を依頼することで原因を特定しましょう。共用部分の給配水管からの漏水が原因であることがわかれば、修繕費用や家財道具の損害については、マンションの管理費や修繕積立金から支払ってもらえます。

一覧へ戻る

ページトップ