トップ不動産便利ツール>フラット35

フラット35

ここでは、(独)住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している「フラット35」などの住宅ローンについて説明します。

フラット35とは?

フラット35の最大の特徴は、返済期間中ずっと金利が変わらない、全期間固定金利型であることです。金利と返済額が返済を開始する時から決まっているので、長期的な家計管理がしやすいほか、保証料が不要、繰り上げ返済手数料が不要、住宅金融支援機構が定める技術基準に適合している住宅に適用されるといった特徴があります。
利用できるのは居住用の新築住宅の建設資金や購入資金、中古住宅の購入資金です。
ただし、適用金利や融資手数料などは、提携先となる金融機関によって異なり、団体生命信用保険は任意の加入となります。

フラット35の種類は?

フラット35には、次のような種類があります。

フラット35
基本となる住宅ローンで、借入期間20年以下と21年以上35年以下で金利が異なる。
※フラット35の借入額は、100万円以上8,000万円以下で、建設費または購入価額以内(ただし、融資率が9割以下と9割超で金利が異なる)。
フラット35(リフォーム一体型)
一部の金融機関では、中古住宅の購入と併せて行うリフォーム工事の費用も、フラット35が利用できる。借入額は、中古住宅購入価額とリフォーム工事費の合計額内で100万円以上8,000万円以下。
フラット35/借換融資
平成21年6月から借り換えにも利用できるように拡充されたもの。ただし「フラット35S」は、借換融資の対象とはならないので要注意。
フラット50
長期優良住宅の認定を受けた住宅について、借入期間を最長50年間とするもの。
フラット35S
フラット35の優良住宅取得支援制度で、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得する場合に、フラット35の金利を一定期間引き下げる制度。以下のような金利の引き下げを行っている。

金利
引き下げプラン
金利
引き下げ期間
金利
引き下げ幅
融資率の上限
フラット35S
(金利Aプラン)
当初10年間 年▲0.3% 9割
フラット35S
(金利Bプラン)
当初5年間
※金利Aプランは、長期優良住宅等の特に性能が優れた住宅の場合、金利Bプランはそれ以外の住宅の場合に適用。

なお、フラット35Sには予算金額があるため、受け付けが早期に終了する可能性があります。

詳細は住宅金融支援機構のホームページ「フラット35」を参照してください。

※なお、住宅ローン全般のタイプや特徴については、不動産基礎知識:買う「7.資金計画を立て、住宅ローンを選ぶ」で説明しています。

ページトップ