トップ住環境を調べる防犯関連情報>地域の犯罪発生状況を知る

住環境を調べる

防犯関連情報:地域の犯罪発生状況を知る

どの地域でどのような犯罪が多いのかを公開し、防犯を呼びかける自治体が増えています。ここでは、警視庁などいくつかの例を紹介しますが、詳細は、各自治体や管轄の警察署に問い合わせてください。

東京都の事件事故発生状況マップ(警視庁)

ここでは、東京都内の「犯罪情報マップ」、「交通事故発生マップ」の2種類のマップが見られます。いずれのマップも、東京都全体の地図から調べたい市区町村をクリックすると、各自治体での犯罪発生状況が見られるようになっています。

データを見る事件事故発生マップ(警視庁)

愛知県の犯罪発生状況(愛知県警察)

愛知県警察のホームページの「安全な暮らし」→「犯罪発生状況」の関連リンクとして、「警察署別・校区別発生状況」などが掲載されています。

データを見る犯罪発生状況(愛知県警察)

大阪府の犯罪発生マップ(大阪府警察)

地図と自治体名一覧から調べたい地域を選択すると、犯罪の発生状況が地図上に表示されます。
そのうち、2週間以内に発生した事件については、地図上の発生地点をクリックすると、犯罪の状況や被害の内容などの詳細情報も表示されます。

データを見る大阪府警察犯罪発生マップ

福岡県の犯罪統計(福岡県警察)

福岡県警察のホームページの「統計コーナー」で、福岡県内で起きた犯罪に関する統計が見られます。メニューにある「犯罪統計」の中の「刑法犯市区町村別認知件数」と「刑法犯公立小学校校区別認知件数」を選択すると、どこでどのような犯罪が何件発生したかが、一覧表で表示されます。

データを見る統計コーナー(犯罪統計)

ページトップ